ひとり静かな快適空間!書斎カフェcoconieに行ってみた

ひとり静かな快適空間!書斎カフェcoconieに行ってみた

書斎カフェcoconieとは?

こんにちは!

最近は蒸し暑い日々が続きますね。

暑さで頭がぼーっとしてしまうとなかなか集中して作業ができません。

そんな中で私は見つけてしまいました。

最高に集中できて、快適に過ごせる特別な空間が富山にあったのです!

それが「書斎カフェ coconie」です!

アクセス

富山市婦中にあります。

ファボーレの少し南側です。

こちらの建物の2階にあります。

右奥に階段を上った先が入口です。

利用方法

coconieは自由に読書や勉強ができる素敵なカフェです。

利用者同士で快適に過ごせるようにいくつかのルールがあります。

coconieのルール

私語厳禁です。

友人とお話ししたくてもこの場では控えましょう。

席にはコンセント、WiFiが完備されており、勉強は自由にすることができます。

本の持ち込みも自由です。

利用時間

1ドリンクで2時間まで滞在可能です。

フードセットを注文した場合は4時間になります。

席はWEBサイトから予約可能です。

全部で9席

全ての席に名前が付けられており、異なる役割があるようです。

  • 妄想する机
  • 創る机
  • 哲学する机
  • 紐解く机
  • 生きる机
  • 抗う机
  • 観察する机
  • 働く机
  • 憩う机

それぞれのテーマに合わせた本棚が各机にあり自由に読むことができます。

「哲学する机」の本棚はこんな雰囲気です。

coconieの魅力

充実した喫茶メニュー

本を読むなら図書館でいいと思う方もいるかもしれませんが、図書館との大きな違いは席で食事ができることです。

こちらは日替わりのランチメニューのグラタンです。

ホットコーヒーをつけて1300円。

4時間分の席料も込みだと考えるとお得です。

苦味は控えめ、読書の集中力を高めてくれそうな美味しいコーヒーでした。

“哲学する机”を利用してみた

食事を終え、本棚にある本をいくつか流し読みをしている中で特に気になったのがこちら。

哲学はほとんど興味がなかった私にもわかりやすく、ためになる本でした。

覚えておきたいキーワードだけ書いておきます。

名利共休

名誉も財を求めるのも共に休む。心の自由こそ最も大切なこと。

和敬清寂

和らいだ心で接し、お互いに敬うこと。

そして本棚のどの本よりも見入ってしまったのがこちらの本。

この席を利用した方の感想ノートです。

計2冊分、3年以上に渡って利用者がさまざまなことを思いつづったノート。

中には「人のためになぜ生きないといけないのか」といったテーマに利用者同士で議論していたり、人生に迷った方が悩み事を相談していたり。

この一冊に込められている物語はそこらのノンフィクション作品よりもはるかに惹き込まれる内容になっています。

私も少しだけ感想を書き込みました。

読書するもよし、勉強するもよし、食事するもよし。

どこか過ごしやすい居場所を求めている方にうってつけの素晴らしい空間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です