サウサンプトンFCで活躍中の日本代表キャプテンを応援してきた【プレミアリーグ】

サウサンプトンFCで活躍中の日本代表キャプテンを応援してきた【プレミアリーグ】

今回は私のサッカー熱がおさまらないため長編です。

サウサンプトンFCとは?

こんにちは!

2010年の南アフリカW杯で本田圭佑のフリーキックを見てから、サッカー観戦にハマってしまったハリボーです。

サッカー日本代表は現在カタールW杯の二次予選突破を目指して戦っております。

日本代表躍進のカギを握るのは、キャプテンの吉田麻也選手。

189cmの長身を活かしたヘディングを得意とし、幾度も日本代表を救ってきました。

そんな吉田キャプテンは2019年現在、イングランドのプレミアリーグ、サウサンプトンFCに所属しています。

※後日追記:2020年にイタリアのUCサンプドリアに移籍しました。

サウサンプトンFCはプレミアリーグの中堅チームであり、特に若手選手の育成に力を入れているチームです。

目立ったタイトル獲得はないものの、プレミア上位チームともしっかり戦える実力を持っています。

というわけで、サウサンプトンまで応援に行ってきました。

港町・サウサンプトン

イギリス南部の都市サウサンプトン(Southampton)は古くから港町として栄えました。

海賊による襲撃を幾度も経験したことから、街には防壁が残されており今では観光のシンボルのなっています。

セント・メリーズ・スタジアム

サウサンプトンFCの本拠地はセント・メリーズ・スタジアムです。

サウサンプトンセントラル駅から徒歩で20分程度。

収容人数3万人を超えるビッグスタジアムです。

観戦したのはプレミアリーグ2019-2020の第8節、サウサンプトンVSチェルシー

試合開始1時間前から大勢のサポーターがスタジアム周辺を埋め尽くします。

なお、スタジアム内にあるグッズショップは試合開始直後に閉まるので、購入予定であればすぐに買った方が良いです。

私はうっかりユニフォームを買い損ねました。

サウサンプトンVSチェルシーを観戦

荷物チェックを抜けてスタジアムに足を踏み入れると、開始前から最高潮の盛り上がり!

全員が立ち上がって応援しています!エキサイティング!

KICKOFF!

サウサンプトンのスタメンには吉田選手も名前を連ねています。

対するチェルシーはアブラハムマウントと強力フォワードを並べた布陣。

下馬評ではアウェーのチェルシーが上回ります。

チェルシーの強力攻撃陣に対し、吉田選手率いるサウサンプトン守備陣がどう抑えるかが見物です。

いきなり「謎のゴール」

試合は序盤からチェルシーが主導権を握ります。

猛攻を続けるチェルシーは前半17分、アブラハムがループシュート。

これを吉田選手がオーバーヘッドで見事クリア!

したのですが、、、。

なぜか1点がチェルシーに入っています。チェルシーサポーターも大盛り上がり。

何が起きたのか全くわからないまま、試合が進んでいます。

会場にいるとリプレイが見れない上、解説もアナウンスもないので、何が起きたかを正確に把握することができません。

実はクリア前に空中でゴールラインを割っていたのです。

これは後からニュースを見て知りました。

会場で見ていた私にとっては、ゴールネットが揺れてないのに点が入っている「謎のゴール」でした。

先制したチェルシーは、続けざまにマウントが強烈なゴールを決めて2点目。

またもやチェルシーサポーターは大盛り上がり。

しかし、サウサンプトンも負けてはいません。

前半30分、右サイドをヴァレリーが鋭いドリブルで突破すると、折り返しをイングスが押し込んで1点を返します!

同時にスタジアムのサウサンプトンサポーターが大歓声!会場が揺れます!

ヴァレリーのドリブル突破が華麗過ぎて、さっそくファンになりました。

相手ディフェンス4人に囲まれていた中で、ドリブル突破したときのスタジアムの盛り上がりは凄かったです。

しかし、反撃を許さないのが王者チェルシー。

前半終了間際、チェルシーのカンテがゴールを決め、1-3でハーフタイム。

ハーフタイム

ハーフタイムで私ははじめて椅子に座りました。

試合中は基本的に立ちっぱなしで応援するので、椅子を使うのはハーフタイムのみ。

通路や階段は非常に細くて狭いので、ハーフタイム中はかなり混み合います。

トイレ等は試合前に済ませ、ハーフタイムはできる限り動かない方が得策でしょう。

後半戦開始!

後半は両者互角の立ち上がり。

チェルシーは追加点を狙いますが、吉田選手が安定感のある守備を見せています。

赤色のユニフォーム背番号3番が吉田選手です。

スコアは1-3と、サウサンプトンも1点を返せばまだまだわからない状況。

しかし、個の力で上回るチェルシーが試合を有利に展開します。

後半途中、チェルシーはベルギー代表のストライカー、バチュアイを投入。

後半89分にバチュアイがスルーパスに抜け出すと、落ち着いてゴールに流し込み、試合を決定付ける追加点。

意気消沈したサウサンプトンのサポーターは、ここで一気に帰り始めました。

試合はそのまま1-4で終了。

試合後に吉田選手を直撃

会場を出ると、多くのサポーターが選手出入口付近で出待ちをしています。

私も選手を間近で見たかったので、しっかり出待ちに参加。

すると、取材エリアに現れたのは吉田選手!

記者の方も日本人のようです。インタビューを受けています。

取材後、サポーターにファンサービスをおこなってくれました。

握手やサイン、写真などのリクエストに快く答えてくれる選手たち。

私も吉田選手とツーショットを撮ってもらいました。

その写真は私の宝物なので、ここには載せないことにします。

吉田選手、本当にありがとうございます。

ハイレベルなプレー、素晴らしい会場の雰囲気、激しい声援と盛り上がり。

エキサイティングな戦いを見せてくれるプレミアリーグは最高です!

サウサンプトン周辺の観光地には、温泉の起源として有名なバースがあります。

(Visited 10 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

four × 4 =