イギリス国王のリゾート!ブライトンのシンボル【ロイヤル・パビリオン】へ行ってみた

イギリス国王のリゾート!ブライトンのシンボル【ロイヤル・パビリオン】へ行ってみた

ロイヤル・パビリオンとは?

こんにちは!

日本にいないため、ラグビーワールドカップの盛り上がりがまったく感じられないハリボーです!。

日本の初戦見たかったなあ・・・。

さて、私がいま滞在中のブライトンという街は、イギリスの中でも有数のリゾート地です。

街の真ん中にはゴージャスな白亜の建物があり、「ロイヤル・パビリオン」と呼ばれています。

200年以上前、ジョージ4世が皇太子時代に海辺の別荘として建てた施設です。

外観はあまりイギリスの建物っぽくない印象です。

インドのタージマハールに似たような雰囲気。

イスラム系や中国系のデザインを取り入れた独特な建物です。

ロイヤル・パビリオンの見学は可能?

建物内は見学可能で、多くの文化が混ざった独特な内装を見て回ることができます。

ロイヤル・パビリオンの周りには芝生の広場があり、晴れた日の昼間などは多くの方がのんびりと過ごしています。

市民の方々にとって貴重な憩いの場になっています。

また、隣にはブライトン博物館・美術館が併設されています。

ブライトンの街を彩るライトアップ

夜になるとブライトンの街は多くの店が閉まり、暗くなります。

そんな中、ロイヤル・パビリオンだけはライトアップによって非常に目立ちます。

ここだけ別の国のような、不思議で斬新な空間です。

まるでテーマパークのような存在。

あまり建物が多くないブライトンにおいて、非常に面白い施設です。

(Visited 17 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3 + 15 =