大自然が生み出すイギリス屈指の景勝地!湖水地方【ウィンダミア】に行ってみた

大自然が生み出すイギリス屈指の景勝地!湖水地方【ウィンダミア】に行ってみた

イギリスの湖水地方とは?

こんにちは!ハリボーです。

イギリスは観光スポットが非常に多いですが、大自然が好きな方であればぜひ訪れたいのが湖北地方

大きな湖やハイキングに適した山々があり、絶景を楽しむことができます。

地域一帯は「レイクディストリクト国立公園」と呼ばれており、世界遺産にも指定されています。

普段から都会より田舎が好きで、散歩が好きな私にとってはずっと行きたかった場所です。

電車でマンチェスターからエディンバラに向かう道中、少しだけ湖水地方に立ち寄ることができました。

ウィンダミアへの行き方

湖水地方の観光拠点は「ウィンダミア(Windermere)」という小さな街です。

イングランドの北西に位置します。

まずは旅の起点となるオクセンホルム駅を目指します。

目的地のウィンダミアは行き止まりの鉄道線、いわゆる「盲腸線」の終着駅ですので、どの方面から行く場合でもターミナルのオクセンホルム駅で乗り換えが発生します。

この日の私の出発地であるマンチェスターからは電車で約1時間半~2時間程度。

ロンドンからであればさらに3時間程かかります。

イングランドの端から端ゆえに結構な距離があります。

オクセンホルム駅からウィンダミア行きの電車に乗り換えます。

この間は約20分ですが、本数が少なく1時間に1本程度なので注意が必要です。

列車や駅舎の雰囲気は、まさにローカル鉄道の旅といった印象。

ロンドンなどの都会とはまた違ったイギリスの楽しみ方です。

目的地のウィンダミア駅に到着しました。

駅前は観光案内所が併設されており、湖水地方の各種お土産が購入できます。

湖水地方「ウィンダミア湖」の絶景を味わう

ウィンダミアは観光のアクティビティが非常に充実した街です。

雄大な湖を渡る「ウィンダミア・レイク・クルーズ」をはじめ、蒸気機関車「レイクサイド・ハバースウェイト鉄道」、ほかにも「ピーターラビット」のふるさと巡りなどが有名です。

2~3日かけてゆっくり巡ることができれば最高ですが、私が滞在できたのはわずか2時間程度。

わずか2時間で楽しめる場所があるのでしょうか?

あります!

ウィンダミア駅からわずか20分程度で行ける素晴らしい景勝地「オレスト・ヘッド(Orrest Head)」です!

オレスト・ヘッドはウィンダミア湖を見下ろす絶景ポイント。

山登りをすることになりますが、決して険しい山ではありません。

スニーカーで十分な、のどかな道のりです。

前日までの大雨のせいで、足元は少々ぬかるんでいました。

スニーカーが多少汚れつつも、山道を歩くこと約20分。

ついに頂上に到着しました。

目の前には雄大なウィンダミア湖!大パノラマが楽しめます。

南北に大きく伸びる湖は大迫力です。

展望ポイントでは多くの観光客がカメラを構え、『Beautiful!』という感嘆の声があちこちから聞こえます。

湖と反対側のケントメア(Kentmere)方面を見下ろすと、広々とした平野が続いており、こちらも絶景。

山登りをして疲れているはずなのに、雄大な自然を見ておいしい空気を吸ったせいか、体力ゲージが一気に回復した気分。

オレスト・ヘッドを下山し、電車待ちの間にウィンダミア駅周辺も散策することにします。

ウィンダミアの風情ある街並み

世界遺産ということで非常に観光客が多いウィンダミア。

街並みも古き良きイギリスの味わいが楽しめます。

観光ツアーも充実しており、しばらく滞在するのも面白そうです。

味わいのある外観のホテルが並ぶ街道「レイク・ロード」は見どころが満載です。

私は夜までにエディンバラに向かわなくてはいけなかったので、2時間で退散しました。

なんとかして再び訪れたいものです。

エディンバラの記事はこちらで紹介しています。

世界一有名な探偵を辿る旅!【シャーロック・ホームズ】を訪ねてイギリスを巡ってみた

城マニア必見!中世ヨーロッパの美しい建築が光る【イギリスのお城ベスト3】を勝手に選定してみた

(Visited 11 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

five × two =