3DCGソフトBlenderで透明風車を回転させてみた【その2 透明化】

3DCGソフトBlenderで透明風車を回転させてみた【その2 透明化】

3DCGで風車を回したい!

こんにちは。ハリボーです。

前回は3DCGソフトウェアのBlender環境構築について紹介しました。

今回は第2弾として風車の設置と透明化をメインに紹介します。

風車の設置

まずは風車の3Dモデルを作成します。

blenderでもモデリングは可能ですが、私はCADの方が慣れていたのでFusion360でモデルを作成してstlファイルで書き出しました。

モデリング手法に関しては別記事にまとめようと思います。

モデルのインポート

stlファイルをblender内で使用するには、「ファイル」タブから「インポート」、ファイル形式で「stl」を選択します。

フォルダ一覧が表示されるので、作成したstlファイルを選択するとblenderに表示されます。

画面操作の基本

画面操作は以下の3つだけ覚えておけば大丈夫です。

マウスのホイールクリック+マウス移動で視点を上下左右に動かすことができます。

ホイールのスクロールで前後移動です。

Shiftキー+ホイールクリック+マウス移動で平行移動です。

モデルの透明化

いよいよ今回のキーポイントである風車の透明化です。

モデルを透明するためには「マテリアル」を変える必要があります。

まずはマテリアルの変更がモデルに反映されるようにシェーディング(表示方法)を変更します。

3Dビューのシェーディングを「マテリアルプレビュー」にします。

モデルを選択した状態で「マテリアルプロパティ」から「新規」を選択します。

「サーフェス」から「プリンシプルBSDF」を選択します。

「サーフェス」の下にある「メタリック」を「1.0」に変更します。

「サーフェス」のさらに下にある「設定」内の「ブレンドモード」を「アルファブレンド」にします。

これで風車を透明化させることができました。

「サーフェス」内のパラメータにある「粗さ」や「アルファ」などを調整するとガラスの質感をもっと出すことができます。

次回は仕上げとして背景を加えてみたいと思います。

第3回はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です