桃太郎に浦島太郎…5人もの主人公が揃う各務原市の【日本昔ばなし公園】を巡ってみた

桃太郎に浦島太郎…5人もの主人公が揃う各務原市の【日本昔ばなし公園】を巡ってみた

地域の公園にひそむ珍スポット

こんにちは!珍スポット大好きハリボーです。

珍スポット巡りのコツは、日常に隠れている面白さにアンテナを張ること。

地域住民から見れば普通の公園でも、実はかなりのレアスポットということもあります。

今回は各務原市にある「日本昔ばなしの主人公像」が立つ公園に行ってみました。

桃太郎の銅像くらいなら、そこまで珍しくないのでは?…と思うかもしれませんが、

なんと、狭いエリアの中に主人公が5人も揃っているのです。

各務原市の日本昔ばなし公園

主人公たちが立ち並ぶのは各務原市東山。

住宅街の中に狭い間隔で5つの公園が整備されています。

桃太郎公園

最も北側に位置するのは桃太郎公園。

かわいくデフォルメされた桃太郎が堂々と立っています。

数ある物語の中でも知名度の高さからか、敷地面積もなかなかの広さです。

小高い丘の上には見晴らし台もあります。

浦島太郎公園

桃太郎公園からわずか50メートル西側にあるのは「浦島太郎公園」です。

カメに乗って竜宮城へ向かう浦島太郎の姿があります。

顔のパーツ的に銅像のデザイナーさんは全て同じ方のようです。

子供向けの遊具が揃っています。

塗装などを見ても割と新しい公園のようです。

金太郎公園

浦島太郎公園から南西に進み、坂を下りた先にあるのは「金太郎公園」です。

まさかりを担ぎ、クマにまたがる金太郎の姿が。

遊具のバリエーションがすべての公園で微妙に異なるのも面白いポイント。

こちらは低年齢層に向けた遊具が多いです。

一寸法師公園

桃太郎、浦島太郎、金太郎のいわゆる「三太郎」だけでは終わりません。

一寸法師公園もあります。

銅像も最小サイズかと思いきや、他の銅像と同等サイズでした。

最東端に位置し、主要道である江南関線とは溜池を挟んで向かいにあります。

龍の子太郎公園

最南エリアには龍の子太郎公園があります。

龍の表情が勇ましいです。

正直なところ筆者はこの物語だけうろ覚えでした。

他の物語と比べて若干印象が薄かったのですが、日本を代表する児童文学のひとつです。

5つの公園は直径200メートル圏内

計5つの公園が建つのは直径200メートル圏内という狭いエリア。

住宅街とはいえ、こんなに公園が必要なのか?と思ってしまうほど。

憩いの場がたくさんあるのは良いことです。

筆者も大人になったいま、改めて物語を読み返したくなりました。

(Visited 103 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です