完全に動かなくなったカーテンレールのランナーを交換したら開閉動作が物凄く軽くなった【DIY】

完全に動かなくなったカーテンレールのランナーを交換したら開閉動作が物凄く軽くなった【DIY】

カーテンレールを修理する

古くなったカーテンはだんだん滑りが悪くなってきます。

引っ掛かってうまく動かないからといって、無理に強く引っ張ると余計に動かなくなってしまうものです。

カーテンレールのスライダー部分にあたるパーツはランナーと呼ばれ、ここが摩耗または破損することで動きが悪くなります。

まれにレール本体が破損していることもありますが、ランナーは樹脂製、レールは軽金属製が多いため、壊れやすいのはランナー側でしょう。

ランナーさえ交換してしまえば、カーテンレールの滑りは復活します。

今回は動かなくなったカーテンレールのランナー交換をしてみました。

カーテンのランナー交換

ランナーの種類

カーテンのランナーには主に2種類があります。

マグネットランナーと呼ばれる中央でくっつく1組のランナーと、滑車ランナーと呼ばれる基本的なランナーです。

ランナーの交換方法

マグネットランナーを交換する場合は、カーテンレールの端部を取り外すか、端部が外せない場合はレール本体を一度取り外す必要があります。

後入れ式の滑車ランナーを交換する場合は、カーテンレールを動かさなくてもランナー単体で交換が可能です。

どこまで取り外しが必要か、何を交換すべきかはカーテンの種類や取付場所によって異なります。

実際に交換してみた

今回は中央部のマグネットランナーも交換が必要だったため、カーテンレールの端部を取り外してランナーをすべて取り出します。

まずは作業しやすいようにカーテンを外しておきます。

フックを外すことでランナーを自由に動かせるようにします。

端部には樹脂のキャップが取り付けられていますので、ネジを外してキャップを外します。

使われていたランナーの破損具合は新品と比べて一目瞭然です。

キャスター部分が無くなっているものもあります。

新品のランナーを端部から順番にレールに取り付け、キャップをビス止めします。

このとき入れるランナーの数量を間違えると修正が面倒なので、数量をしっかりカウントしながら交換します。

ランナーにカーテンをフック留めしたら作業完了です。

レールの滑りが復活しました。

引っ掛かることもなくスムーズに開閉可能です。

ランナーは1個でも破損すると、負荷が集中してどんどん滑りが悪くなります。

何十年も使えるものではないので、消耗品と受け止めて交換する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。