古い【蛍光灯ペンダントライト】から【LEDシーリングライト】に交換した部屋がデカくなった【DIY】

古い【蛍光灯ペンダントライト】から【LEDシーリングライト】に交換した部屋がデカくなった【DIY】

古い蛍光灯を交換したい

部屋全体の雰囲気を大きく変えるのが照明器具です。

インテリアの中でも各部屋にひとつは欠かせない重要な要素です。

照明器具には多くの種類があり、それぞれに特徴があります。

今回は古い「蛍光灯ペンダントライト」を「LEDシーリングライト」に交換してみました。

照明器具の選び方と実際に交換してみた感想を紹介します。

照明器具の種類

照明器具には大きく分けて蛍光灯LEDの2タイプがあります。

基本的に蛍光灯よりLEDの方が節電や防災の面からメリットがあります。

LEDは比較的高価でしたが、近年は徐々に買いやすくなってきた印象です。

また、それぞれ取付タイプが2種類あります。

  • ペンダントライト:ひもでぶら下がったもの
  • シーリングライト:天井に貼り付いているもの

ペンダントライトは局所的な光を作れるため、集中したい作業場所などに有効です。

ペンダントの種類も多く、オシャレな形状が多いのもペンダントライトです。

一方でシーリングライトは部屋全体に光が行き渡ります。

照明器具と床面との空間が広くなるため、部屋を大きく見せることができます。

照明器具は蛍光灯またはLED、ペンダントライトまたはシーリングライトのどれかから選ぶことになります。

光の強さは部屋の大きさごとに決まっており、6畳用や8畳用など適切なサイズの照明器具を選択します。

実際に照明器具を交換してみた

古い蛍光灯の取り外し方法

まずは古い蛍光灯ペンダントライトを取り外します。

万一の感電防止のため、ブレーカーを落としゴム手袋を着用して作業します。

ペンダントライトは天井と「引掛シーリング」という金具を介して接続されています。

引掛シーリングは手で回転させることで外すことができます。

新しいシーリングライトの取付

今回購入したLEDシーリングライトはアイリスオーヤマ製のCEA-2006D。

リモコン式で明るさ10段階調節機能を搭載。

3000円台というコストパフォーマンスの良さ。

今回は壁に照明のスイッチが無いので、主電源を別に追加します。

リモコンの待機電力節約用です。

待機電力といっても、せいぜい年間100円程度ですが…。

こちらのパナソニック製アダプターを使いました。

ひもの長さを調整して、このように接続しました。

引掛シーリング周りの白色カバーはLED付属品です。

ここにLEDシーリングライトを接続します。

カバーは一度外して、中身が見える状態で取り付けると作業しやすいです。

この上でカバーを接続して完成です。

明るさ調整が可能になりました。

MAX10段階目の明るさでこちら。

以前の蛍光灯より、はるかに明るくなりました。

照明は付属品のリモコンで操作できるようになりました。

ペンダントライトからシーリングライトに変えることで、照明器具と床面との距離が広がり、かなり部屋が大きくなった印象です。

明るさも十分強いものを選んだため、手元の明かりにも困りません。

ちなみに、今回部屋が明るくなった理由は漆喰を塗った影響もあります。

照明器具は古くなったらただ置き換えるだけでなく、ちょっと工夫を加えても楽しめます。

初心者でも簡単に交換できるので、ぜひ気に入った照明を使ってみましょう。

本記事と同タイプで8畳用はこちらです。

(Visited 10 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

fifteen + 13 =