カギが無かったトイレに小型格安ラッチ錠を取り付けしてみた【DIY】

カギが無かったトイレに小型格安ラッチ錠を取り付けしてみた【DIY】

トイレにカギがほしい

私がいま住んでいる古民家は一部だけがリフォームされています。

水回り周辺だけは比較的新しいのですが、そのほかの部分は50年以上の歴史があります。

こちらのトイレ、本体はまあまあ綺麗なのですが、ひとつ問題が。

トイレの扉が古いままで、カギがありません。

別に大人数が使用する訳ではないので、無くても困ることはないのですが。

なんとなく、カギが無いと不安な気持ちになります。

といわけでトイレのカギをDIYしてみます。

本格的な錠前を取り付けるには専門知識が必要ですが、ラッチ錠であれば素人でも簡単に取り付けられます。

ラッチ錠とは

今回用意したラッチ錠はこちら。

小型サイズでわずか220円でした。

地元のホームセンターで購入しました。

amazonだとここまで小さいものは見つかりませんでした。

カギの取り付け

まずはカギの高さを使いやすい位置でマーキングします。

高さを合わせてラッチ錠の受け側を作ります。

今回は付属品の受け金具を使わず、代わりに壁に直径6ミリの穴を電動ドリルで空けます。

ラッチ錠本体は扉に取り付けます。

位置調整のために木材を挟みました。

これだけで取り付け作業は完了です。

ラッチ錠を動かして、しっかり穴に刺さることを確認しました。

やはりカギがあるとトイレの安心感が違います。

ただ、小型で格安のラッチ錠なので、体当たりしたら簡単に破れそうです。

そういった意味では、中で体調不良になってもすぐに助けられるということで、安全といえるかもしれません。

(Visited 6 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 × one =