夏を乗り切るためハチ対策に効果的と噂の【ダミーハチの巣】をいっぱい作ってみた

夏を乗り切るためハチ対策に効果的と噂の【ダミーハチの巣】をいっぱい作ってみた

※本記事内にハチの写真はありません。

ハチ対策をしたい

こんにちは!ハリボーです。

例年、春から夏にかけて注意したいのがハチの増加

筆者の住む関市は山に囲まれており、暖かくなるとすぐにハチがやってきます。

中にはスズメバチなどの危険な種類も。

ハチの巣をスプレーで駆除するのは大変な作業です。

巣を作られる前に対処したいところ。

そこで今回試してみるのが「ダミーハチの巣」です。

ダミーハチの巣とは?

ダミーハチの巣は「縄張り争いが激しい」というハチの特性を利用します。

別のハチの巣が既にあると思わせて、家の近くに巣を作らせないという狙いです。

調べてみると「ハチの巣っぽいもの」を吊るしておけば有効とのこと。

いろいろな作り方がありますが、何が効果的かよくわからないので、

  • 茶封筒製ハチの巣
  • 新聞紙製ハチの巣
  • ガムテープ製ハチの巣

上記3種類を作って、全部吊るします。

数打ちゃ当たる作戦。

ダミーハチの巣の作り方

今回用意したものは下記の通り。

  • 100均のプラスチック工作ボード
  • 茶封筒
  • 新聞紙
  • ガムテープ
  • ひも
  • 余っていたボルトナット
  • 各種工作用品(カッター、はさみ、テープなど)

余っていたボルトナットは芯の作成時に使いました。

ここはテープでも代用可能です。

芯の作成

まずはハチの巣の中心部、球状の芯を作成します。

プラスチック工作ボードを1.5センチほどの幅で切り出します。

ダミーハチの巣1個当たり3枚、今回は3種類作る予定なので計9枚切り出します。

板は丸めてリング状に。

穴を空けて余っていたボルトナットで固定しました。

ちょっと頑丈過ぎるくらいになったので、ここはテープでも充分代用可能だと思います。

3枚のリングを組み合わせることで球状に。

これでダミーハチの巣の芯ができました。

吊り下げるために、ひもを縛り付けておきましょう。

続いて外観の作成です。

茶封筒製ハチの巣の作り方

今回製作予定の内、最も作りやすいのが茶封筒製ハチの巣です。

製作した芯を茶封筒に入れます。

くしゃくしゃに丸めて包むだけ。

極めてシンプルながら、見た目もなかなか本物に似ています。

新聞紙製ハチの巣の作り方

続いて新聞紙製ハチの巣を作ります。

芯を新聞紙で包むだけ。

全体を球状に整えていきます。

そこまで完成度は必要ないので、テープでぐるぐる巻きにしてしまっても良いでしょう。

ガムテープ製ハチの巣の作り方

最後にガムテープ製ハチの巣を作ります。

実はこれが一番難しかった。

芯をガムテープで巻いていくのですが、ガムテープの表面がツルツルしており、二重に巻くと浮いてしまうことも。

剥がれないよう締め付けつつ、固定したい箇所は裏返して貼るなどのコツが必要です。

ダミーハチの巣、完成!

3種類のダミーハチの巣が完成しました。

左から順に茶封筒製、新聞紙製、ガムテープ製。

見た目の色合い的には、茶封筒製が一番リアルに近い感じでしょうか。

新聞紙製は視認性が良さそうです。

ガムテープ製は防水性能の特化型。

家の周りのあちこちに吊るしてみました。

これでハチが寄り付かなくなると良いのですが。

3種類の内、最もハチが寄り付かないのはどれか、調べていきたいと思います。

全く見かけなくなったなら、それはそれで良し。

DIY関連記事はこちら

(Visited 152 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です