絶景の飛騨川と『飛水峡ロックガーデン』で地学を学ぶ!20億年前の日本最古の石とは?

絶景の飛騨川と『飛水峡ロックガーデン』で地学を学ぶ!20億年前の日本最古の石とは?

こんにちは!ハリボーです。

岐阜県には清流長良川や県境を流れる木曽川など立派な河川が多いです。

JR高山線に沿って流れる飛騨川も一級河川のひとつ。

飛騨川の流域には特徴的な岩石が転がり、天然の「ロックガーデン」が形成されているそうです。

今回はロックガーデン庭散歩と岩石の歴史を学びに岐阜県七宗町へ行ってみました。

七宗町は「ちそうちょう」と読みます。「ちそうちょう」ではありません。

飛水峡ロックガーデンとは

飛騨川は木曽川支流のひとつで、七宗町周辺は飛騨木曽川国定公園に指定されている景勝地。

七宗町から白川町にかけて12キロにわたる峡谷が『飛水峡(ひすいきょう)』と呼ばれます。

JR高山線の特急「ワイドビューひだ」に乗車中も思わず写真を撮りたくなる美しい景観が魅力。

今回は飛水峡の一番南端にある「道の駅ロックガーデンひちそう」を起点として、展望台のある「飛水峡ロックガーデン」を目指して北上します。

道の駅ロック・ガーデンひちそう

岐阜県七宗町の大動脈である国道41号線、南側の玄関口に「道の駅ロックガーデンひちそう」があります。

道の駅には複数の施設が併設されており、中でも「日本最古の石博物館」が非常に目立ちます。

かなり大きなドーナツ型の施設です。

道の駅ロック・ガーデンひちそうのアクセス

岐阜県加茂郡七宗町中麻生にあります。

JR岐阜駅から車で約1時間。

関駅からは約40分です。

道の駅ロック・ガーデンひちそうの営業時間

施設全体の定休日は木曜。

営業時間は9:00~17:00、博物館は9:00~16:00です。

※2022年8月現在の情報です。

日本最古の石博物館

とりわけ目立つのが日本最古の石博物館。

展示室内は貴重な岩石の宝庫。

館名の由来でもある20億年前の片麻岩をはじめ、約40億年前の地球最古の石も展示。

どうやって年代を判別しているのかが気になりましたが、一般に「ジルコン年代学」が用いられるそうです。

ジルコンは宝石のひとつで、「放射年代測定法」という地質に時間軸を設定するために欠かせない鉱物。

ウランが壊変する現象を利用した測定方法とのこと。

地球誕生当時、46億年前の息吹を読み取る技術が確立されていることが圧巻です。

なお館内は写真撮影禁止です。

白川園「七宗御殿」でひと休み

地学を勉強した後はひと休み。

道の駅に併設されている「七宗御殿」で名物の白川茶で一服します。

小腹が空いたタイミングにありがたい白川茶モーニングセット。

白川紅茶に五平餅、大学芋、スープなど込みで550円とお得。

モーニングセットは10:00~16:00の間提供しています。

白川茶は緑茶のイメージが強いですが、白川紅茶も美味しいです。

五平餅も食べ応えがあり、大満足のセットです。

このお店の素晴らしいのは料理だけではありません。

座席の正面に映える飛水峡はまさに絶景。

飛騨川の濃い青色と、まるで龍が曲がりくねったような印象的な岩々。

「日本最古の石」である20億年前の片麻岩発見地もこの付近。

石碑があるそうなので見に行ってみましょう。

日本最古の石発見碑

日本最古の石発見碑は飛騨川の東側。

道の駅や博物館は西側でしたので、川を渡る必要があります。

約1キロほど道の駅から南下して橋を渡り、400メートルほど北上します。

こちらの橋を渡ります。

少々道が細くなっています。

橋から見下ろす飛騨川も美しいです。

マップで見る限りおそらく写真の右下辺りが日本最古の石発見地でしょう。

上麻生礫岩と呼ばれる礫岩層です。

対岸を北上し、日本最古の石発見碑に到着。

「日本列島最古の石」と刻まれています。

石碑の周辺は閑散としています。

川に降りる階段もありましたが、崖が切り立っていて危険なのか封鎖されていました。

このエリアの見どころは石碑のみで、観光スポットとしては道の駅に集約されているようです。

飛水峡ロックガーデンへ

続けて車で5分ほど移動し「飛水峡ロックガーデン」へ向かいます。

いよいよ飛水峡の最大の見どころです。

飛水峡ロックガーデンのアクセス

道の駅ロック・ガーデンひちそうから北東へ2.5キロ地点にあります。

国道41号線から一本裏道へ入ります。

飛水峡ロックガーデンの絶景

JR高山本線と並行して道を進むと広間に到着しました。

大きな展望台があります。

周囲に全く人の気配がしない場所ですが、目的地の飛水峡ロックガーデンです。

まさに隠れた名所といったところ。

展望台は絶景ポイント。

曲がりくねった飛騨川が一望でき、奥を走る高山本線の列車も綺麗に見えます。

これぞ天然の大彫刻です。

駐車場から河原に降りて岩々を間近で観察することもできます。

階段は細くて急なので注意が必要。

抉れた岩石に昨日まで降っていた雨水が溜まって湿原のような雰囲気に。

大自然が生み出す美しさを間近で堪能できます。

足元を滑らせると危ないので運動靴などがあるとよさそうです。

遥か昔のロマンを味わえる素晴らしいスポットです。

ちなみに七宗町から30分ほど東に進むと東白川村があります。

幻の生物と触れ合うスポットがあるので、併せて訪れると面白いです。

(Visited 10 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

6 + 20 =