話題の『お絵かきAI』を活用して故有名画家に岐阜県関市のPR画像を自動生成させてみた

話題の『お絵かきAI』を活用して故有名画家に岐阜県関市のPR画像を自動生成させてみた

こんにちは!ハリボーです。

2022年9月現在、人工知能(AI)界隈に大きな革命がありました。

「呪文」を元に自動的に画を描く画像生成AIが一般公開されて話題を呼んでいます。

無料でクオリティ高い画像が数秒で完成してしまう驚異の技術。

人工知能は日進月歩。ゆえに「どう使うか」が重要です。

地域社会に役立つ有意義な活用方法を考えてみます。

というわけで今回は「岐阜県関市の観光PR画像」のAI自動生成にチャレンジします。

画像生成AIの使い方をおさらい

話題の画像生成AIは「Stable Diffusion」と呼ばれます。

2022年8月にオープンソースとして公開されました。

「プロンプト」または「呪文」と呼ばれるお題を入力すると高解像度のグラフィックが自動生成されます。

呪文を調整することで画像の調整も可能。この調整技術は「プロンプトエンジニアリング」という学問にまで既に発展しています。

AIが絵を描くようになったら、イラストレーターは不要になるのかという不安を煽る話題も。

多くの議論が巻き起こるのはAIが身近な存在となった影響でしょう。

「Stable Diffusion」は自らのPCにインストールして動作させる方法もありますが、軽く2GBを超えるので少々容量を必要とします。

今回は簡易的にオンラインで使用可能なツールを使用して実験します。

『Stable Diffusion』を用いたAIのテスト

まずはAIのテストを行います。

とりあえず最初のテスト呪文として「織田信長VSゴジラ」と入力。

織田信長は岐阜駅前に金の信長像が建つほどに岐阜県を代表する偉人。

画像生成AIはゴジラと激闘の画像を描いてくれるのか。

呪文名「織田信長VSゴジラ」の出力結果

Prompt: Nobunaga Oda VS Godzilla

出力結果がこちら。

誰!?

全く織田信長感のない人間がゴジラと向き合う画像が生まれました。

後ろ姿ゆえに顔はわかりませんが、おそらく織田信長はハンチング帽を被らないと思います。

ちょっと呪文が良くなかったようです。

そもそもAIが織田信長を知らないと思われます。ゴジラは知ってるのに。

もっとわかりやすく呪文を調整してみましょう。

呪文名『忍者VSゴジラ』の出力結果

Prompt: ninja vs godzilla

出力結果がこちら。

いかにもB級映画のポスターといった画像が生まれました。

忍者はちゃんと黒装束を着用しており、AIの世界でも知名度が高いようです。

向き合う姿からはバトルの雰囲気も出て非常に良い感じの画像。

都合上今回の審査が激甘になる点はご容赦ください。

テストは無事に完了とします。

岐阜県関市のPR画像を故有名画家に描いてもらった

続けて今回のテーマであるAIを使った観光PR画像の生成にチャレンジ。

合計3つの「お題」を用意して、それぞれ呪文を調整しつつPR画像を作ってもらいます。

1つ目のお題:ゴッホが関市のカミソリでヒゲを剃る

フェザーミュージアムなどで大きくPRしている関市の刃物。

高品質のカミソリは世界的に高いシェアを誇ります。

一方、ゴッホといえばもじゃもじゃのヒゲが目立つ自画像が有名。

下記はパリのオルセー美術館を訪れた際に撮影した本物のゴッホの作品「自画像」です。

画像生成AIはゴッホの豊かなヒゲを関市のカミソリで剃ることができるのか。

呪文名『ゴッホが岐阜県関市のカミソリでヒゲを剃る自画像』

Prompt: Self-portrait of Van Gogh shaving his beard with a razor in Seki City, Gifu Prefecture

出力結果はこちら。

ゴッホがつまようじを咥えました。

ゴッホの自画像が強烈過ぎてカミソリが小さくなり過ぎたのかもしれません。

呪文を調整します。

呪文名『ゴッホがフェザーカミソリでヒゲを剃る』

Prompt: Van Gogh shaves his beard with a feather razor

出力結果がこちら。

カミソリが頬に刺さりました。

2つのモノを組み合わせるのは位置関係が難しいようです。

その後も試したのですが、いい感じにカミソリがヒゲに乗ることはありませんでした。

というわけでカミソリが頬に刺さった画像が完成形です。AIは妥協が大事。

次のお題へ進みます。

2つ目のお題:ムンクが描いた長良川

新鮮な鮎が採れるほど綺麗な水が自慢の清流長良川が2つ目のお題です。

一方でムンクといえば『叫び(Scream)』が代表作。

独特なポーズの人物と少し不気味な背景の欄干や河川が印象的な超有名作品。

はたして清流長良川は綺麗に描かれるのか。

呪文名『ムンクが描いた長良川』

Prompt: Nagara River by Munch

出力結果がこちら。

やべぇ色の川が生まれました。

血のように染まった地獄みたいな水の中では確実に鮎は住めません。

最初の織田信長と同様のミスを犯しているようです。

そもそもAIが長良川を知らない様子。

従って「とにかく綺麗な川」をムンクに描かせるよう呪文を調整します。

呪文名『ムンクが描いた青い空と青色に輝く綺麗な川』

Prompt: The blue sky and beautiful blue river drawn by Munch

出力結果がこちら。

海も空も「青」と指定してようやく青色になりました。

しかし空はいまだに一部が血の色。というか元の赤色がちょっと薄くなった程度の変化です。

真っ赤な色合いがムンクという単語にロックされてしまうのか、変更不可能でした。

というわけで少々血が混ざった長良川で完成形とします。

次に行きます。

3つ目のお題:モネの池をモネ以上に美しく描く

関市の有名観光地といえば、透き通った水とスイレンが綺麗な『モネの池』です。

モネの池は正式名称ではなくお寺の境内にある「名もなき池」ですが、透明度と綺麗さからモネの池と名付けられてSNSで人気になりました。

先ほどまでのお題と異なり「モネ」という画家の名前が既に含まれています。

画家の名前が混在する状況でAIは綺麗な画像を生成できるのか。

呪文名『フェルメールが描いたモネの池』

Prompt: Monet’s pond by Vermeer

出力結果がこちら。

ものすごく綺麗な画像が生まれました。

女性画が有名なフェルメールですが、モネの池との相性はかなり良かった様子。

池の奥でたたずむ人物、池に浮かぶスイレンと魅力も詰まっています。

ようやくAI自動生成での成功例が生まれました。

モネの池自体が相性が良さそうなので、さらに別の画家にも描かせてみます。

呪文名『葛飾北斎が描いたモネの池』

Prompt: Monet’s pond drawn by Katsushika Hokusai

出力結果がこちら。

まさしく浮世絵のような『和』の世界。

北斎ならではの色合いを活かしたスイレンは素晴らしい芸術です。

やはりモネの池は名画が生まれやすい予感。

さらに呪文を唱えてみましょう。

呪文名『ピカソが描いたモネの池』

Prompt: Monet’s pond by Picasso

出力結果がこちら。

色合いは派手ですがピカソではなく普通にモネが描くモネの池に似た構図。

ピカソは作品や画風があまりに多種多様過ぎて他の画家と組み合わせたら特徴が持っていかれるようです。

画像生成においてピカソは組み合わせが難しいことが分かりました。

関市PR画像:優勝作品

今回は岐阜県関市にまつわるさまざまな画像をAIで自動生成しました。

画像生成AIの進歩には驚かされました。

呪文の組み合わせはかなり難しいですが、試行錯誤により秀逸な画像が生まれることもあり非常に楽しいです。

個人的に一番良かったのは『フェルメールの描いたモネの池』だと思います。

今回の企画における優勝作品といって良いでしょう。

風景画の中でもモネの池はかなり傑作が生まれやすい傾向にありました。

オープンソースなので今回用いた『Stable Diffusion』は誰でも使えます。

また、もし今回の企画で関市に興味を持たれた方はぜひお越しください。

(Visited 40 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 × 2 =