岐阜県関市にある健康のシンボル『安桜山公園展望台』を目指してウォーキング

岐阜県関市にある健康のシンボル『安桜山公園展望台』を目指してウォーキング

こんにちは。ハリボーです。

山に囲まれた関市の中心には「安桜山(あさくらやま)」という低山があります。

標高151メートルと散歩の延長で気軽に登れる人気スポット。

平成30年には健康のシンボルとして安桜山の頂上付近に「安桜山公園展望台」が建てられました。

今回は展望台を目指して安桜山を歩き回ってみます。

関市の中心部にそびえ立つ安桜山

安桜山は関善光寺の裏手からアクセスできます。

関善光寺といえば『五郎丸ポーズ』をした仏像でSNSに取り上げられて人気スポットになりました。

『五郎丸ポーズ』の仏像が大人気!図らずもラグビーブームの時流に乗った岐阜県関市の善光寺に行ってみた

登山口は東西南北各所にありますが、今回は関善光寺にある「孫六の鐘」付近から登ります。

安桜山公園展望台のアクセス

目的地は安桜山公園展望台。

出発地点となる関善光寺から徒歩約10分です。

関善光寺は長良川鉄道関駅から徒歩5分です。

登山ルートと装備の確認

標高わずか151メートルの低山ですので足元はスニーカー等で充分です。

関善光寺から善光寺山、安桜山公園展望台、安桜山山頂、安桜山公園というルートで歩きます。

標高差は約100メートル程度です。

関善光寺の奥手から善光寺山へ

安桜山へのスタート地点、関善光寺。

標高は約60メートルです。

「孫六の鐘」付近の階段を上ります。

手すりがしっかり整備された石段を登ること約2分。

祠が見えてきました。

ここから道は二手に分かれており、正面が善光寺山山頂、右手が安桜山山頂方面です。

まずは善光寺山に登る予定なので、正面の道を選択。

階段を少し登るとポールが建てられた広場に到着しました。

善光寺山の山頂です。

周囲は森に囲まれており、あまり景色は見えません。

次の安桜山公園展望台に期待しましょう。

安桜山公園展望台からの眺望

善光寺山から東方面へ少しだけ坂を下り、再び登ります。

枯葉が積み重なった上り坂が続き、足を滑らせやすい場所もあるので注意して登ります。

森の中に3階建ての建物が出現しました。

2018年に建てられたばかりの「安桜山公園展望台」です。

森の中の狭いエリアに周囲の木々より高く造られた縦長の展望台。

階段で一番上に向かうと、小さいながらも全方位が見渡せるデッキに出ました。

南方面を眺めると各務原市との境目にある明王山が見えます。

その奥は広大な濃尾平野が広がっています。

西方面はギリギリ長良川が見えるか見えないかといったところ。

手前には先ほどまで登っていた善光寺山の頂上が見えます。

関市が全方位に対して山に囲まれていることがよくわかります。

標高は151メートルとあまり高くない安桜山ですが、街の中心部にあるため遠くまで関市の街並みが見渡せます。

安桜山山頂を通って下山

展望台からの景色を楽しんだ後は、すぐ近くの安桜山山頂へ。

鳥居の見える広場に到着しました。

付近の木に「安桜山151.9m」の看板も発見。

表記が小さくて地味なので、ここが頂上だと気付かない人も多そうです。

鳥居を越えて下った先には見晴らしの良い丘があります。

大きな岩に立つ東向きの展望エリアは初日の出の撮影スポット。

山道を10分ほど下った先には安桜山公園が。

子供が喜んで走り回りそうな大きな広場があります。

安桜山公園はトンネルの上に立っています。

講演から階段を下りると本町商店街まで辿り着きました。

本町商店街を歩いて関善光寺に戻ります。

安桜山をグルっと一周して、所要時間は約30分。

お手軽に関市の絶景が楽しめる良いスポットです。

登山の練習にもオススメの場所といえます。

(Visited 30 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

5 × 1 =